車検制度について

q
どうして車検をしなければならないのですか?
a

日本の法律では道路を走る車は2年に1回(新車時初回は3年に1回)車検を受けることが義務付けられています。
車検を受けなければ「無車検車運行」となり、厳しい罰則があります。

 

日本の車検制度は元々、タクシーやバスなどの安全性を確保するための制度として1930年(昭和5年)に始まりました。
その後1951年(昭和26年)に現在にも通じる「車検制度(道路運送車両法)」が定められ、車検が義務化されました。

 

さらに車の所有台数が増え、1955年(昭和30年)に「自動車賠償保障法」が定められ、自賠責保険加入が義務づけられました。意外かもしれませんが、1973年(昭和48年) に、初めて軽自動車の車検が義務化されるなど、少しずつ車検制度が変わってきています。

電話で予約する